小野田めぐみ幼稚園

教育の理念

 バッタ

大切なこと 大切なこと

 幼稚園創立より、聖書が語る「愛の教え」をすべての基盤としてきました。神さまに愛されている子どもたちを、私たちも愛しています。 聖書は「自分を愛するように、あなたのとなり人を愛しなさい」と教えています。子どもたちが、たくさんの人を愛し、たくさんの人から愛されるように祈っています。 神さまの愛を信じる子どもは、心から「ありがとう」と言える子ども、勇気をもつ子どもになります。 人のよろこびを共によろこび、人の苦しみを共に苦しむ力をもちます。自分のよろこびを分け合い、どんな困難からも逃げ出さない子どもになります。 そのように生きることは、私たち教師の課題でもあり、私たちは幼な子たちと共に、神さまの恵みの中で成長することを目指します。 すべて愛からはじまり、愛のうちに終わることを小野田めぐみ幼稚園は一番大切なことと考えています。

園の目標 園の目標

1.心ゆたかな子どもを育みます
2.自分で考え、自分で決められる子どもを育みます
3.良いこと、悪いことがわかる子どもを育みます
4.みんなといっぱい遊ぶ子どもを育みます
5.生きる力をもつ子どもを育みます
6.地域の方との結びつきを育みます
7.基本的生活習慣をしっかり身につけます

巻頭言 小野田めぐみ幼稚園にようこそ

遊ぶ

 キリスト教精神を基本として、一日いちにちを大切に、のびのびと幼児教育を行っています。 小規模な幼稚園を求めている子どもやご家庭とともに歩み、ご家庭と教師が対話する関係を大切にします。 神さまがお創りになったかけがえのない子として、すべての子どもが平等です。 発達の程度やハンディの有無に関係なく、一人ひとりが神さまの恵みである個性をもった尊い存在です。 元気に遊びながら、自信と自立と自発性を身につけた「元気なめぐみっ子」を目指しています。 幼稚園生活を通じて子どものもつ力を引き出し、伸びやかに自分を表現することができることを大切にしています。 どうぞ小野田めぐみ幼稚園に足をお運び下さい。お待ちしております。

小野田めぐみ幼稚園
園長 佐野 太

手洗い

 定員60名の少人数保育なので、担任だけでなく職員全員が園児一人ひとりをさまざまな角度から見守っています。クラス活動だけでなく、縦割保育や遊びを通して一人ひとりの個性を伸ばし、自己を発揮できるよう、めぐみならではの、家庭的な環境の中で生活しています。園の方針にあるように、遊びを中心とした保育で、何より子ども自身が心の底から“楽しい”と感じられるよう、めぐみだから体験できることを通して、「心豊かなめぐみっ子」を目指しています。めぐみ幼稚園でお会いしましょう!!

教職員一同

 

ニュース NEWS

お子さまの「ことば」で悩んでいるご家族へ
幼児期のことばの遅れ、発音の不明瞭など、お子さまの言語についてのご相談を受け付けています。電話予約の上、ご来園下さい。お待ちしています。
被災されたご家族様へ
被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。小野田めぐみ幼稚園では、被災地域からお子様の転入園のご希望がある場合、ご相談を承ります。
1993.3
学校法人認証を受けました。これからは「小野田めぐみ学園 小野田めぐみ幼稚園」となります。これまで同様に宜しくお願い致します。
1956.4
日本バプテスト連盟小野田バプテスト教会は「小野田めぐみ幼稚園」を開園いたしました。